Illustrator

Illustratorのパスの変形「ラフ」を使って、草や芝生っぽいデザインを作る方法

今回はイラストレーターのパスの変形「ラフ」を使って、草や芝生っぽい質感のタイポグラフィーを作る方法を紹介したいと思います!

今回制作するデザインはこちらです!

紹介するやり方は文字以外にも、好きな形に合わせて「草・芝生」の表現ができるのでやり方を覚えておくと、様々なケースで使えてデザインの幅が広がります!

それでは早速作り方を解説していきます。

Youtube動画

作業動画をyoutubeにアップしています!
このチャンネルは、デザインのチュートリアル動画を投稿しているチャンネルです。

ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!!

下書きの文字と、素材の円を用意する

まずは制作したい文字を決めて、下書き用に動かないように「command + 2」で固定しておきます。

windowsの場合は「control + 2」

今回はアルファベットの「H」を制作します。

フォントは表現しやすいようにゴシック系がおすすめです。

次に素材の素となる「グラデーションの円」を用意します。

グラデーションの種類は円形で、カラーは下記の通りです。

: #004800
中 : #009a00

右 : #cbff00

文字の上に円を配置する

作ったグラデーションの円を、文字の上に配置していきます。

下画像のように「3/1」くらい重なる感覚で横にコピーして下さい。

1つコピーして配置すると「command + D」で繰り返すことができます。

windowsの場合は「control + D」

横のコピーが終わったら全て選択して、縦にコピーして同じように繰り返しの処理を行なって下さい。

最終的に、下画像のように埋め尽くした状態にします。

パスの変形「ラフ」で草の質感を表現する

配置した円を全て選択し、上部メニューから「効果」<「パスの変形」<「ラフ」を選択します。

下画像のウィンドウが立ち上がるので、数値を下画像の通りにします。

サイズの数値は「50%」にしていますが、作っているデザインのサイズにもよるので、プレビューで確認しながら下画像の見え方になるように調整して下さい。

パスのオフセットで仕上げ

このままでも十分に草っぽい感じを表現できているのですが、少しスカスカしているのでパスのオフセットを使ってボリュームを出して行きます。

上部メニューから「オブジェクト」<「パス」<「パスのオフセット」を選択します。

下画像のウィンドウが立ち上がるので、オフセットの数値を「-0.1mm」にしてOKを押して下さい!

完成

まとめ

今回はIllustratorのパスの変形「ラフ」を使って、草や芝生のような質感を作る方法を解説しました!

いかがでしたでしょうか?

制作工程も少ないのでとても簡単に出来たと思います!

このサイトでは、グラフィックデザインの役に立つ参考書の紹介をしていますので、こちら記事も頂けると嬉しいです!

WEBデザイナーがオススメする!買ってよかったグラフィックデザインの参考本5冊!
グラフィックデザインが学べるおすすめ本5冊!【目で見て学ぶ】WEB・グラフィックデザイナー向け!今回はwebデザイナーである私が、心から買って良かったと思うグラフィックデザインの参考本を5冊紹介したいと思います。 デザインのセンス...
最後までお読みいただきありがとうございました。