Photoshop

【Photoshop】写真の影を残して、背景だけを合成する方法

デザイナー
デザイナー
フォトショで写真を切り抜いたけど、合成したら影が不自然になってしまった…!
写真の影も一緒に合成できる方法ってある?

Photoshop(フォトショップ)を使って、写真から被写体と影を切り抜き、背景だけを合成する方法を紹介します!

  • 切り抜き画像にシャドウをつけたけど、不自然になる…
  • 写真の影をそのまま活かして合成したい!
そんな時に使える方法です!

注意点として、この方法は白背景で撮影された写真にのみ使える方法です。

こちらのスニーカーの写真を使って解説していきます!

スニーカーの写真

Youtube動画

動画でも解説しているので、動画で解説を見たい方はこちらをご覧ください!

作業の流れ

  1. 被写体を選択する(影は選択しない)
  2. マスクを作成し、背景を非表示にする
  3. レイヤーを1つ下にコピーし、マスクの色を反転する
  4. 別背景の上に2つのレイヤーを重ねる
  5. 下のレイヤーを「乗算」にする
  6. 完成

被写体を選択し、マスクを作成する

まずは上のメニューから、「選択範囲」<「被写体を選択」を選び、使いたい画像の選択範囲を作成します。

被写体を選択
写真によっては「被写体を選択」で上手く選択できないケースがあるので、選択方法はお任せします。

この時、影は選択しないようにしてください。

選択範囲ができたら、赤枠から「マスク」を作成し、背景を非表示にします。

マスクを作成

レイヤーをコピーし、マスクの色を反転する

「option」または「alt」を押しながらドラッグ&ドロップし、レイヤーを1つ複製します。

複製できたら、下のレイヤーのマスクを選択し、「command + I」で色を反転します。

windowsの場合は「cotrol + I」です。

マスクの色を反転する

これにより下のレイヤーは、被写体が非表示になり、影を含む背景が表示されました。

背景のみ表示

別背景の上に2つのレイヤーを合成する

作成した2つのレイヤーの下に、合成したい背景を配置します。

真ん中の影レイヤーの描画モードを「乗算」にします。

これにより、影の部分が新しく用意した背景に馴染みます。

描画モード「乗算」

完成

完成1 完成2

影のレイヤーをもう一つコピーし、不透明度を調整することで、もっと濃い影を作ることもできます。

 

まとめ

今回はPhotoshop(フォトショップ)を使って、写真から被写体と影を切り抜き、背景だけを合成する方法を紹介しました!

白背景の写真限定で出来る方法ですが、簡単なのでぜひ試してみてください!

このブログではデザインに関する様々な参考本を紹介しています。

書籍購入の参考にしてもらえると嬉しいです!

WEBデザイナーがオススメする!買ってよかったグラフィックデザインの参考本5冊!
グラフィックデザインが学べるおすすめ本5冊!【目で見て学ぶ】WEB・グラフィックデザイナー向け!今回はwebデザイナーである私が、心から買って良かったと思うグラフィックデザインの参考本を5冊紹介したいと思います。 デザインのセンス...
社会に求められるWeb/UIデザイナーになるために、読んでおくべき「おすすめ本5冊」
社会に求められるWeb/UIデザイナーになるために、読んでおくべき「おすすめ本5冊」webデザイナーは、リモートで働ける会社も多くフリーランスにもなりやすい、魅力的な職業です! webデザインのスクールが増えたこともあ...
フォント・タイポグラフィが学べる本「デザインの質が上がるオススメ10冊」
フォント・タイポグラフィのおすすめ本【デザイナー必読】10冊を紹介 今回は実際に私が読んでよかったと思った、フォント・タイポグラフィに関するおすすめ本を10冊紹介したいと思います! webデ...
レイアウトの基本が学べるおすすめ本8冊!独学デザイナー必見!
レイアウトの基本が学べるおすすめ本8冊!独学デザイナー必見! 今回はレイアウト(構図)について学べる、おすすめ本を紹介したいと思います! レイアウトとは決められた空間の中に要素を配置す...
ロゴデザインのおすすめ本22冊「見て学ぶ本」と「読んで学ぶ本」
ロゴデザインのおすすめ本22冊「見て学ぶ本」と「読んで学ぶ本」 ロゴデザインに関するおすすめの本を、「見て学ぶ本」と「読んで学ぶ本」2つのジャンルに分けて紹介したいと思います。 その他にも、...
【厳選】Photoshopの学習におすすめの本5冊!初心者から中級者まで!
【厳選】Photoshopの学習におすすめの本5冊!初心者から中級者まで! Photoshop(フォトショップ)の学習におすすめの本を5冊紹介します! 「初心者におすすめの入門書」「中級者におすすめのテクニ...

最後までお読み頂きありがとうございました!