Photoshop

Photoshop「置き換え」と「ブレンド条件」を使って、絵柄を背景の形状に馴染ませる方法

Photoshop「置き換え」と「ブレンド条件」を使って、絵柄を背景の形状に馴染ませる方法
悩めるデザイナー
悩めるデザイナー
絵柄を布やTシャツの「シワ」に合わせて、自然に配置したいけど上手くいかない…

Photoshop(フォトショップ)のフィルター変形「置き換え」と、レイヤースタイルの「ブレンド条件」を使って、絵柄を背景の形に合わせて自然に配置する方法を紹介します!

この方法を使えば、Tシャツや旗など「シワ」があるモノに対して、自然に絵柄やテキストを配置する事ができます。

他にも波や波紋のような、凹凸かある形状には全て応用する事が可能です。

今回は下画像の布のシワに合わせて、実際にテキストを配置して説明していこうと思います。

布のシワ テキストを馴染ませる

▼ざっくり作業動画

 

それでは早速解説していきます。

背景画像とテキストを用意する

まずは背景の画像とテキストを用意します。

テキストは、ロゴやイラストなどの絵柄に置き換えても大丈夫です!

背景画像とテキスト
サンプルと同じ背景画像を使用する場合は、下記よりダウンロードできます。
フリーでお洒落な画像がダウンロードできる「unsplash」というサイトです。

ご存じの方も多いと思いますが、めちゃめちゃ使えるのでおすすめです!

テキストを使用する場合は、スマートオブジェクトに変換しておきます。

背景のレイヤーを複製する

背景のレイヤーを選択し、レイヤー名の右側をホバーした状態で右クリックを押してください。

下画像の様に「レイヤーを複製」を選択します。

レイヤーを複製
下画像の別ウィンドウが立ち上がるので、保存先のドキュメントを「新規」に選択してください。

名前は任意で大丈夫ですが、ここではsampleとしておきます。

OKを押すと、そのレイヤーが新規のpsdデータで複製されます。

レイヤー複製の詳細設定

このデータが、「シワ」形状を反映させる時のデータになります。

シワの形状をpsdで保存する

このデータは、「シワ」形状を反映させる時に使うpsdになります。

まずはレイヤーを右クリックからラスタライズしておきます。

複製されたレイヤー
色情報が不要になるので、上部メニューから「イメージ」<「色調補正」<「彩度を下げる」を選択してグレートーンにします。

「彩度を下げる」のショートカットは【command(cotrol)+ shift + U】

上部メニューから「イメージ」<「色調補正」<「彩度を下げる」 彩度を下げた画像

次に上部メニューから「フィルター」<「ぼかし」<「ぼかし(ガウス)」を選択してぼかしをかけて行きます。

上部メニューから「フィルター」<「ぼかし」<「ぼかし(ガウス)」

半径の数値は画像サイズにもよりますが、今回は「5.0」にしておきます。

ぼかし(ガウス)の詳細設定

下画像くらいの、見た目になるように数値を調整してください。

ぼかし(ガウス)を反映させた後

ここまで出来たらデスクトップに保存しておきます!

シワの形状をテキストに反映させる

ここで元のデータに戻ります!

テキストを選択した状態で、上部メニューから「フィルター」<「変形」<「置き換え」を選択します。

上部メニューから「フィルター」<「変形」<「置き換え」

下画像のウィンドウが立ち上がるので、画像の設定に合わせます。

置き換えの詳細設定

①水平比率と垂直比率

この数値を大きくすればするほど、シワに合わせて変形する度合い大きくなります。

今回は「水平比率20」「垂直比率20」に設定します。

水平比率と垂直比率の説明図

②置き換えマップデータ

「同サイズに拡大/縮小」にチェックを入れると、置き換える画像がアートボードのサイズに合わせてリサイズしてくれます。
「並べて表示」にチェックを入れると、元サイズの足りない部分は反復されます。

今回は「同サイズに拡大/縮小」にチェックを入れます。

③未定義領域

置き換える画像のサイズが合わない時の処理方法で、
「ラップアラウンド」にチェックを入れると、端を巻き戻して繰り返されます。
「端のピクセルを繰り返して埋める」にチェックを入れると、端のピクセル引き伸ばして表示されます。

今回は「端のピクセルを繰り返して埋める」にチェックを入れます。

OKを押すとファイルを選択する画面になるので、先ほど制作した「シワ」のpsdを選択しましょう!(sample.psd)

するとテキストにシワの形は反映されます。

テキストにシワの形が反映された後

ブレンド条件」で馴染ませる

このままでは不自然なので、レイヤースタイルの「ブレンド条件」で馴染ませていきます!

変形させたテキストのレイヤーをダブルクリックして、レイヤースタイルを立ち上げます。

レイヤースタイルの「ブレンド条件」
レイヤー効果の下部にある「ブレンド条件」をグレーに選択し「下になっているレイヤー」の数値を調整していきます。

macの方は「optionキー」windowsの方は「Altキー」を押しながら、画像の緑丸らへんをクリックして新しい中間のポイントを作ります。

すると合計3つのポイントができるので、この3つのポイント動かして自然に馴染むポイントを探ります。

今回の場合は、中間ポイントだけを動かして調整しています。

ブレンド条件にはグレーの他にレッド・グリーン・ブルーの色を選択することもできます。選択した色の部分だけを馴染ませる事ができます。

完成

完成

Tシャツの場合

Tシャツの場合

水面の場合

水面の場合

まとめ

今回は、Photoshop(フォトショップ)のフィルター変形「置き換え」と、レイヤースタイルの「ブレンド条件」を使って、絵柄を背景の形に合わせて自然に配置する方法を紹介しました!

背景の形状に馴染ませたい時に是非使ってみてください!

このブログではデザインに関する様々な参考本を紹介しています。

書籍購入の参考にしてもらえると嬉しいです!

デザインに関するおすすめ本
最後までお読み頂きありがとうございました!