Photoshop

【Photoshop】色をズラす文字加工「RGBのチャンネルずらし」

【Photoshop】色をズラす文字加工「RGBのチャンネルずらし」
デザイナー
デザイナー
フォトショで、TikTokのロゴみたいに色がズレた文字加工がしたい!
Photoshop(フォトショップ)の「レイヤースタイル」と「指先ツール」を使って、文字の色をズラす表現方法を紹介します!

自然なRGBの色ぶれを表現できる方法です。

下の画像を作成していきます。(右は色を反転させたもの)

作成する文字加工

YouTube動画

今回の内容は動画でも解説しています!

動画で見たい!という方はこちらのYoutube動画をご覧ください!

【1】テキストを用意

まずは任意のフォントで、テキストを用意します。(太めのフォントがおすすめです)

背景は白、文字色は黒にしておきましょう。

テキストを用意

テキストが用意できたら、レイヤーパネルから2つ複製し、合計3つの文字レイヤーがある状態にします。

【2】文字のチャンネルを変更

レイヤースタイルから、3つの文字レイヤーのチャンネルをそれぞれ指定していきます。

上のレイヤー

まずは1番上のレイヤー右をダブルクリックし、レイヤースタイルを開きます。

レイヤー効果の「高度な合成」の項目から、チャンネルのチェックが「B」だけに入っている状態にします。

チャンネルのチェック「B」

真ん中のレイヤー

真ん中のレイヤーも同様にレイヤースタイルを開き、今度はチャンネルのチェックを「G」だけにします。

チャンネルのチェック「G」

下のレイヤー

下のレイヤーは、「R」だけにチェックが入っている状態にします。

チャンネルのチェック「R」
これでチャンネルの設定は完了です。

重なっている状態では変化が分かりませんが、ずらしてみると色の変化がわかります。

ズラす前

⬇︎

ずらした後

この3つのテキストは、右クリックからラスタライズしておきます。

ラスタライズ

【3】指先ツールで変形する

指先ツールに切り替えて、上2つのレイヤーをドラッグで変形します。

これにより色のずれが見えるようになります。

上のレイヤー

上のレイヤーの変形1 上のレイヤーの変形2

真ん中のレイヤー

真ん中のレイヤーの変形1 真ん中のレイヤーの変形2

【4】完成

これで完成です!

完成

それぞれのレイヤーの色を反転させると、下画像のように、黒背景の表現にもできます!

黒背景バージョン

まとめ

今回は、Photoshop(フォトショップ)の「レイヤースタイル」と「指先ツール」を使って、文字の色をズラす方法を紹介しました!

とても簡単な方法なので、ぜひ皆さんも試してみて下さい!

このブログではデザインに関する様々な参考本を紹介しています。

書籍購入の参考にしてもらえると嬉しいです!

ロゴデザインのおすすめ本22冊「見て学ぶ本」と「読んで学ぶ本」
ロゴデザインが学べるオススメ本22冊紹介!「見て学ぶ本」と「読んで学ぶ本」 ロゴデザインが学べるおすすめ本を、「見て学ぶ本」と「読んで学ぶ本」2つのジャンルに分けて紹介します! 今回紹介する本は、実...
フォント・タイポグラフィが学べる本「デザインの質が上がるオススメ10冊」
フォント・タイポグラフィのおすすめ本【デザイナー必読】10冊を紹介 今回は実際に私が読んでよかったと思った、フォント・タイポグラフィに関するおすすめ本を10冊紹介したいと思います! webデ...
レイアウトの基本が学べるおすすめ本8冊!独学デザイナー必見!
レイアウトの基本が学べるおすすめ本8冊!独学デザイナー必見! 今回はレイアウト(構図)について学べる、おすすめ本を紹介したいと思います! レイアウトとは決められた空間の中に要素を配置す...
【厳選】Photoshopの学習におすすめの本5冊!初心者から中級者まで!
【厳選】Photoshopの学習におすすめの本5冊!初心者から中級者まで! Photoshop(フォトショップ)の学習におすすめの本を5冊紹介します! 「初心者におすすめの入門書」「中級者におすすめのテクニ...
WEBデザイナーがオススメする!買ってよかったグラフィックデザインの参考本5冊!
グラフィックデザインが学べるおすすめ本5冊!【目で見て学ぶ】今回はwebデザイナーである私が、心から買って良かった!と思うグラフィックデザインの参考本を5冊紹介したいと思います。 デザインのセン...
社会に求められるWeb/UIデザイナーになるために、読んでおくべき「おすすめ本5冊」
社会に求められるWeb/UIデザイナーになるために、読んでおくべき「おすすめ本5冊」webデザイナーは、リモートで働ける会社も多くフリーランスにもなりやすい、魅力的な職業です! webデザインのスクールが増えたこともあ...

最後までお読み頂きありがとうございました!